PCMAX登録方法はこちら

ずっと熟女に甘えるのが夢だった

5分で読める!
ずっと熟女に甘えるのが夢だった

いつごろからか熟女の熟れた身体に包まれて癒されたいとずっと思ってきた。しかし、デートなどを考えると世間体を気にしていたこともあり、今まではずっと若い恋人と付き合ってきた。

そんな中、先日華の会で簡単に熟女と会えるということを知ることになった。かねてからの欲望を成就させたいと思い、初めて熟女にメールを送ることにした。

華の会で見つけたのは40代の見た目からして包容力抜群なみかという熟女。みかはセックスレスに悩む熟女で、こちらからのメールの数分後に早くも返信があった。

募集内容は夜の相手を求めているというものだった。欲望成就への道がこんなにも早いのかと思うと、はじめて股間に感じるリビドーを抑えつつ、待ち合わせ場所に向かった。

包容力抜群の40代みかの募集

包容力抜群の40代みかの募集
【題名】「セックスレスに悩み中……涙」
【募集内容】
「待ち合わせは17時頃に〇〇駅。終電帰宅のつもり。スタイル褒められます。最近マシュマロ気味。割2。継続セフレとしても。」
【募集詳細】
「寂しいのを埋めてほしいです。久々なので緊張します♪SNSのIDはNG★今回はお試しです。でもSFの可能性も♡オトナの秘密守れる人で★同じ事情の人と萌えたいです♡」

マザコン感情なのか、ずっと熟女に甘えたいと思っていたので、写メを見てすぐにメールを送った。もともと熟女とのプレイに憧れていたということもあって不安よりも期待の方が大きい。

容姿の良さもあってライバルが多いと思い、あまり大きな期待はしていなかったが、拍子抜けするほどすぐに返信があり、当日にそのまま会うことができたのが良かった。期待感を会うときまでそのまま保てるのは興奮を絶やさない燃料になる。

「40代セックスレスの〇〇です!2.5冊までOKですがいかがですか?」

メールを送ってみると彼女との交渉が始まったわけだが、それもスムーズだった。相手の熟女はこの手の募集は手慣れてたのであろう、交渉も早く終わった。

結果的に当日すぐに会えるという風俗さながらのスピーディーさが、より期待を演出してくれた。男性の気持ちをよくわかっている熟女だと感心した。

みかと華の会で濃厚な大人の時間

みかと華の会で濃厚な大人の時間

メールへの返事はとても早く、事情が同じだけに、すぐ仲良くなることができたのは大きかったなと思う。相手はみかという熟女で、どうやらセックスレスのようだった。

メールをやり取りしているうちに、お互いの性事情を知るところとなり、彼女がどういう状況なのかもわかってきた。

「セックスレス?同じですね!ぜひぜひよろしくお願いします!笑」

こちらもセックスレスということがわかると、彼女はそれに食いついてきた。状況が同じだったからなのか、彼女とは話が合ってからすぐに会うことができ、お互いの事情を理解した状態でプレイを楽しむことができたのは本当に良かったなと思っている。

○○駅に向かうと、そこで待っていたのはむっちりボディの熟女だった。最初熟女と聞いた時はもっと見た目的に年齢を重ねているのかと思ったが、むしろ若く感じられイケイケな雰囲気を纏っていた。

集合場所で「あ!○○さんですか?」と彼女の方からきっかけを作ってくれて、その流れで挨拶を済ませてすぐにホテルに向かうことに。ホテルまではタクシーで向かい、その道中ではお互いのことを話していた。

ホテルに到着する頃にはすっかり打ち解けていて、そのまま部屋に入ってからはすぐにセックスという流れになった。お互いに家庭ではセックスレスだったからなのか、暗黙の了解のように求め合うようにして自然に密着していた。

「久々で緊張するなぁ」

まるでセックスを覚えたばかりの学生のようにワクワクしながら、こちらも熟女”みか”のむっちりとした身体に甘えることに。華奢な身体では味わえない、熟女の大きな包容力と抱きしめる際の優しいエスコートが、みかの幾層もある人間的な魅力を感じさせてくれた。

若い子はたしかに物理的に魅力がある。しかし熟女は、社会の荒波に揉まれて歳を重ね、内面の仕上がった人間的な魅力が溢れている。

みかは、社会の荒波で疲れるというのを理解していて、女性の包容力でそれを癒やすということの深い意味がわかっているようだった。そして何より彼女は、女性として癒せるという自らの魅力をセックスでどうしても表現したかったようだ。

「割切りとは言うんだけどね、自分のためでもあるの」

そう言うみかは男女の営みの中で男性を癒やすという、女性の自然な悦びに目覚めて熟女出会い掲示板で募集を出していたのだろう。まるで助けるべき人を探して回る女神のような存在だった。

お互いにセックスレスという事情から、こちらも当然長い前戯でみかを楽しませる意気込みで来ていたが、実際にはみかの”癒やしたい”という欲求に流されてしまった。パイズリからフェラ、授乳コキに玉攻めなど、完全にみかの手の上を転がっている状態だった。

みかに対する前戯は69の際のクンニ程度。こちらのターンは本番前には結局来なかった。

本番に入るときも、騎乗位スタート。みかの手に包まれた男根が彼女の秘部に吸い込まれる。前戯もそこそこなのに、するりと蜜壺に飲み込まれてしまうあたり、彼女も”奉仕することで興奮”しているということだったのだろう。

流石に騎乗位を何分も続けるのはきつかったようで、そこからようやくこちらのターンが始まった。みかの反応をしっかりと確認しながらしっかり彼女を昇天に導いた。

もしかしたら、この男性を焦らす流れも彼女の策略のうちの一つだったのかもしれない。しっかりと硬くされた男根は、彼女の秘部を何度もイクまで突くのに十分な興奮が注入されていたのだ。

そんな癒やしの化身のようなみかのとろけるような胸やお尻をバックから抱きしめてフィニッシュし、たっぷりと堪能してその深い熟女の世界にハマっていくのだった。

今回華の会で簡単に出会うことができた熟女だが、期待していた以上に充実した時間を過ごすことができたのは良かったと思っている。最初の体験が最高だったのでこれからもぜひ楽しみたいと思ったし、彼女たちのような、癒やしたい熟女がまだまだたくさん居るのだろうとも感じた。

華の会で作る熟女の完熟ハーレム

華の会で作る熟女の完熟ハーレム

みかの身体はとても柔らかく、甘えたいと思っていた欲求をすべて満たしてくれた。また、彼女自身も甘えられたい欲求、癒やしたい欲求を持て余していたようだ。

まるごと包まれるかのような大きな胸やお尻は、瑞々しさを持っていて、まるで癒やしを求める男性を待ち続けていたかのような深い包容力だった。元々若い子ばかりを相手にしていた反動なのか、熟女はそれほどインパクトが大きかった。

もし熟女と癒やしプレイしたいと思っているのなら、ぜひ華の会を使ってみてもらいたい。このサービスであれば、かなり楽しめるということを断言させていただきたい。

今回はラッキーだと思っていたが、その後も簡単に熟女とアポが取れたため、これからもぜひ使わせてもらう。熟女の癒やしスポットとしては唯一無二だ。

田中おじさんの熟女なお言葉田中おじさん

世間体を考えれば確かに熟女との関係というのは勘違いされやすいな。
しかし己の欲望としっかり向き合い、一歩を踏み出したことが大きな成功につながったようだ!
そしてなにより癒し手としての熟女さんに出会えたこと、これは人生に大きな価値観の変化を与えたことだろう。
そのとおり、熟女は癒やしの女神なのだ。貴重な体験談をありがとう!

田中おじさん激オシ熟女掲示板

華の会の熟女出会い掲示板