人妻熟女と愛人関係になるテクニック・基礎知識と心構え【永久保存版】

5分で読める!
人妻熟女と愛人関係になるテクニック・基礎知識と心構え【永久保存版】
田中おじさんの熟女なお言葉田中おじさん
人妻や熟女の愛人を作りたいと思ったことはないだろうか?
大人の関係のうち、セフレ以上嫁未満な関係が愛人だ!
今回は普通の不倫関係とは異なる大人の甘美な愛人関係を解説しよう!

愛人契約は時代とともに変化してきた

人妻や熟女との愛人契約というのは一昔前ではあまり考えにくいことでした。

愛人契約というのが、契約する男性に都合の良い内容で、その対価を女性に支払うという形で成立していたからです。

基本的に愛人契約というのが若い女性などを対象に、住居やお金の提供などで女性を自由に呼び出したり、女性に会いに行ったりするというパターンで、女性は基本的に自由の身で有ることが必要で、基本は独身女性というものでした。

そこに来て人妻や熟女の愛人というのは、家族がいるため、自由に会うことも、どこかに住まわせて囲うこともできないので、愛人契約を結ぶには不都合が多すぎるというわけです。

愛人契約というと、週末に愛人を囲っている別宅に現れて、愛人との時間を楽しむという流れが普通だったのです。

それが家庭を持つ人妻や熟女となると、無理になるというわけですね。

しかしながら、最近は人妻や熟女の愛人契約の話が結構あると田中おじさんは言います。

実のところ、愛人契約というのが段々と変化してきており、以前のイメージとは異なる形で人妻や熟女のように自由な時間の少ない女性でも可能になってきているんですね。

細かく分類される男女の関係

細かく分類される男女の関係

愛人契約という名前は変わらないのに、その中身が変わってきた理由が、男女関係の変化にあるんですね。

男女の関係は以前は知り合い、友人、恋人などの一般的な関係に加えて、アッシー君やメッシー君、ミツグ君、財布君、キープ君などの一方的な関係などがありました。

最近では男女平等の風潮が強くなってきており、そういったワード・一方的な男女関係は廃れてきていると言えます。

一方で、新しい男女の関係として、キスフレ、ソフレ、セフレ、パパママなどが発生してきています。

キスフレはキスのみ、ソフレを添い寝のみのセックスがない男女関係で、セフレはセックスのみで恋愛感情のない男女の関係、そしてママパパはセックスありなしどちらもあり得る、一方的な援助関係になっています。

そういった男女の関係の進化の中で、愛人関係は、セフレやパパママなどの関係に近い位置になってきているんですね。

以前と異なるのは、肉体関係や恋愛感情を含む大人同士の関係という位置づけになってきている点です。

以前のように、完全に経済的にお世話するという部分は多少薄れてきていて、月額契約や、定期の契約などが該当する形になっています。

なので、愛人を作るというのは、第二の恋人を作るといった感覚に近い形になっているんです。

田中おじさんいわく、そういった愛人に対する意識の変化が、人妻や熟女が愛人を作るきっかけになっているとのことです。

こういた男女関係の細分化により、明確に愛人関係というのは最近では減ってきています。

しかしながら、男女の秘密の関係という意味合いにおいては、愛人関係とも呼べる関係はあまり変わっていないのです。

そう、時代の変化により、愛人という言葉が死語になりつつある現象とも言えるでしょう。

田中おじさんの熟女なお言葉田中おじさん
愛人はいまやちょっと古い言葉になってきている。
以前は年増男性が若い女性を囲う行為として捉えられていたが、今では大人の男女の甘美な関係というのが常識になっている。
そう、大人だけの関係というイメージが人妻熟女の愛人への参画に勢いをつけているのだ!

人妻熟女が愛人を求める時代

人妻熟女が愛人を求める時代

男女関係は希薄化の一途をたどってると田中おじさんは危惧しています。

昨今の草食男子の増加や、ソフレやキスフレなどのプラトニックな男女関係を良しとする風潮、そして離婚率の増加など、様々な面でマイナスに働いていると田中おじさんは語ります。

「性欲のはけ口がどんどんなくなってきているがために、社会的な問題であるうつ病や引きこもりが起こるのだ」とまで言及しています。

一見過大な心配にも思えますが、一理あるところもあるのです。

特にその傾向が強く出ているのが離婚問題でしょう。

人妻熟女の離婚の原因として、不倫や浮気などがあります。

しかしながら、直接的な原因は、この男女の関係の希薄化にあると言われているのです。

男女にとって、肉体関係は愛情を伝える生物的・原始的な手段であり、最も愛情を感じることのできる方法なのです。

それは減ってきている、特に夫婦間でのセックスレス問題は日本における人口減少の重大な原因となる問題だと田中おじさんは語気を強めます。

そのために、人妻や熟女は愛を求めて彷徨っているのです。

特に今の時代、出会いは多面化しています。

一昔前では男女の出会いは活動範囲に限られ、出会いという出会いはほぼなく、加えてちょっとのことでもすぐに不倫や浮気がバレてしまうような環境にあったと言えるのです。

それが今ではインターネットの発達で出会いの場はグローバルに、少なくとも日本全国レベルになっているのです。

どこの誰ともわからない運命の相手をインターネットで見つけられる時代になったのです。

そんなとき、愛情に飢えてしまった人妻熟女はどのようなアクションを取るです?

そう、当然のように出会いを求めてインターネットで恋活を始めるのです。

そして、経済的に貧困している今の状況では、簡単に経済活動の場である家庭を放棄できず、愛人という形で出会いを探すことになるわけです。

もちろん愛人そのものを経済活動として人生を謳歌する人妻熟女もいます。

そんなタイプの人妻熟女にとっては、愛人契約は重要な収入源ともなるんです。

人妻熟女が愛人に求めるもの

人妻熟女は今の時代。愛情に飢えていることが非常に多いです。

人妻熟女が愛人に求めるもの、それは愛情であり、人肌なのです。

家庭に入った瞬間や、子供ができた瞬間から、女性は妻から母親として扱われるようになり、株式会社・家庭の事務員になってしまいます。

家庭の運営はなにより生きるために重要ですが、女性としては愛情あってこその家庭であり、無機質な経済活動だけではないのです。

それ故、「家庭に入っても”女”でありたい」「ラブラブな関係を維持したい」というのが本音なんですね。

しかしながら、政府が現金を配るほど経済が衰退している今、男性はどのようにして家庭の運営資金を持ってくるかが重要になっています。

必死に働いて稼いで来るのが日常になっているので、家庭では安息を得たいと考えるのが普通なわけです。

そんな日本における夫婦の決定的で避けがたいすれ違いが、人妻熟女を愛人契約の道に押し進めるのです。

最も大きな理由は愛情不足、そして次に大きな理由が、個人的・経済的な余裕がほしいというもの。

人妻熟女と愛人になろうと考えている男性は、そこを最も重要なポイントとして押さえておきましょう。

田中おじさんの熟女なお言葉田中おじさん
経済的にも、男女観的にも人妻熟女には肩身の狭い時代になっている!
結婚した瞬間から減っていく愛情に彼女たちが飢えるのは当然だ!
そんな“彼女たちの心を癒やす”のが愛人という甘美な大人の関係なのだ!

人妻熟女との愛人契約の相場

人妻熟女との愛人契約の相場

愛人契約は、以前と違って様々な形態に変わってきています。

一昔前までは月額20万円、マンション、光熱費、食費別などの豪華な契約で、愛人を囲い、男性の都合に合わせて会ってセックスするというようなことが愛人という契約の内容を差していました。

しかしながら、男女関係の進化で、愛人契約もまた変化しているのです。

最近の愛人契約は2つのタイプに分かれています。

・単純に月極めの支払いで15~30万円

・会ったときにお金を渡す都度払い3万円~5万円

というものです。

相場としては低いほど肉体関係がなかったり、デリヘルのような本番なしのスタイルだったりすることがあるようです。

明確なのは、以前のようなマンションや衣食住などが含まれていないこと。

もちろん最近でも社長や芸能人クラスになるとこういった豪華な内容で愛人を囲う方法をとっている場合もあります。

しかしながら、基本は一時期有名になったアンジャッシュ渡部のような都度払い式の愛人関係であることが多いようです。

これはよほど派手に火遊びしていなければ、かなりバレにくいというのを如実に表している一例でしょう。

また、人妻熟女の求める愛人関係ということで、家庭の運営が日常なために、こういった時々会う形式というのが常態化していると言えるでしょう。

人妻熟女が自由に使える時間やお金は独身女性のそれよりも圧倒的に限られているのです。

田中おじさんの熟女なお言葉田中おじさん
以前と比べて愛人契約はライトなものになっている。
社長クラスの収入でなくとも、愛情があればOKなんていうものもあるくらいだ!
まずは人妻熟女が愛人に求めるものを理解して交渉に臨むといいだろう!

人妻熟女を愛人にするポイント

人妻熟女を愛人にするにはいくつか押さえておくべきポイントがあります。

これは普通の独身女性とは違うものを愛人に求める人妻熟女特有の心理といえる部分があります。

愛人関係の交渉で提供するものは金銭面と愛情面いうと、愛情面で積極的に攻めるのが有効とされています。

人妻熟女が置かれた環境と女性としての心理をうまく汲み取る必要があるのです。

まずはそんな複雑な人妻熟女の抱える事情から見ていきましょう。

人妻熟女の事情を理解しておく

人妻や熟女は家庭を持っているので、その制約が愛人契約に最も大きく影響します。

彼女たちは常に旦那や、場合によっては子供の目に晒されています。

そのため、不自然だったり、理由不明のことが起こると疑われる可能性があるのです。

人妻熟女が外せない事情の一つが「時間」です。

まず家庭に届け出ていない外出やお泊りは一切できません。

加えて、疑われた場合に備えて口裏を合わせてくれる友人なども必要になってきます。

どんなに客観的な証拠を出したとしても、第三者による証言がなければ信用されないのが不倫や浮気の特徴なのです。

次にお金の問題です。

最近は夫婦で別財布というパターンも多くなってきていますが、世代的に人妻熟女は財布を握っていたり生活費をもらうパターンだったりすることが多いようです。

生活費用の通帳などを別途用意しておけば良いのですが、だいたいそういった出し入れの利便性を得るために一つにまとめていることが多く、それは旦那も確認できる場合が多いのです。

なので、愛人契約でお金をもらうときに、記録が残ったりする形でもらうことが難しいのです。

この関係で、「一度に数万数十万のお金を貰う」ことが家族にバレるきっかけになりうるのです。

なので、人妻熟女としては少額を継続的に貰える愛人契約を好む傾向にあります。

また、一度に数十万円を貰うと、如実に裏切り行為を実感してしまうため、苦手という人妻熟女も少なくないようですよ。

人妻熟女を愛人にする攻略法

人妻熟女を愛人にする攻略法

・軽い関係であることを分かってもらう

愛人という契約ですが、愛人というニュアンスを出さないことが重要です。

これは人妻熟女の貞操観念に配慮したテクニックで、不倫という裏切り的な感情を抱かせないことが目的です。

友人という立ち位置から徐々に攻略していくことを心がけましょう。

愛情を求める人妻熟女には何の非もないということを印象づけるのです。

愛人として渡すお金も、最初はしっかりとした理由をつけて渡すようにしましょう。

交通費や話に付き合ってくれたお礼など、機会があるごとにだんだんと増やしていくのが好感触を得やすいですね。

恩を売って印象づけること、これが愛人契約に至るための重要なスタートなのです。

・相手のプレイベートに合わせた対応

人妻熟女はいつでも会えるとは限りません。

家庭を常に気にかける必要があるため、時間があったとしても、考えるべき問題があることだってありますし、独りでゆっくりしたい場合もあります。

もちろん誰かに話を聞いてもらったり、イチャイチャしたい気分のときもあります。

なのでそういった人妻熟女との関係を進展させるには、まずは「ちょっとした時間でも良いので一緒に過ごしたい」という意思を伝えておきましょう。

そうすることで、会えば金額的にプラス、寂しさも解消してくれる男性と指定の立ち位置を確立していくのです。

相手の時間に合わせられるだけの余裕が必要になってきますが、それに見合うだけの効果があるのです。

これを繰り返していくことでだんだんと人妻熟女にとって特別な存在になっていくことができるのです。

・最大の難関はセックスの手前

人妻熟女との愛人を成就させるために必要なのはやはり肉体関係=セックスです。

この一線を超えることで、人妻熟女との特別な関係を確定し、確信する事ができるのです。

しかしながら最も注意が必要なのがセックスの手前、ホテルに行くまでの時間や誘い方です。

今までの関係とは大きく異る進展となるので、人妻熟女としても大きな罪悪感を伴うのです。

なので、その部分を緩和させて上げることに集中しましょう。

「あなたと深い関係になりたい」「セックスの手ほどきをして欲しい」「この出会いに運命を感じる」

などなど、人妻熟女の性格に合わせた決めゼリフが必要になってくることでしょう。

これまでのコミュニケーションでお目当ての人妻熟女がどんなワードにときめくのか、どんなシチュエーションに気持ちが揺らぐのかを把握しておくことが重要ですよ。

ホテルに入って人妻熟女が自ら脱いでくれればそれはもう愛人としての立ち位置を了承してくれたものとして考えていいでしょう。

ここで重要なのが、人妻熟女に逃げるスキを作っておくこと。

男性側への信頼性に加えて「苦しくなったらいつでも言っていいからね」などの言葉を掛けておきましょう。

一線を超えることにどうしても迷いがあれば関係を解消できるという保証を与えておくのです。

これは一見不利な提案にも思えますが、これまで続いてきた大人の関係として、求められていることに応じないという無礼をあえて意識させる巧妙なテクニックなのです。

・一発で関係が終了するNGなアクション

独身女性と大きく異なるのが、人妻熟女には地雷が存在するということです。

もし愛人関係になろうとコミュニケーションを取っている中でこの地雷を踏んでしまうと、最悪音信不通になるほどに相手を激怒させてしまいますので要注意です。

NGアクションの1つ目は相手のグチに合わせて同調すること。

これは場合にもよりますが、地雷を踏んでしまうことがあるので最も注意したいパターンです。

特に同調してはいけないのが、家族に関する愚痴。加えて難しいのが、安易に否定してもいけないということ。

的確に理由を答えられる場合ならともかく、ただ単に理由なく同調したり否定したりしていると信用を失います。

旦那に関する愚痴の場合は、男性側としての意見を求めていることもありますので、人妻熟女の話す内容を良く聞いて対応しましょう。

少なくとも愛する旦那に関することですので、場合によっては地雷を踏んでしまうこともあります。

NGになりやすいのは、自分と旦那を比べてマウンティングするためのダシにするようなやり方。

これは少なくとも今の旦那を選んだ人妻熟女までも否定する事になりかねないので、要注意です。

NGアクションの2つ目は重い関係に思わせてしまうこと。

「あなただけを見ている」的な印象を与えようと、しつこく誘いまくるタイプの男性がいますが、これはNGアクションになりやすいです。

特に人妻熟女のような、プライベートな事情がある女性にとって、それを無視した強引な誘い方は重いと感じられることが多いのです。

相手がお誘いなどを渋ったら、まずは潔く引き下がること。

「もう少し攻めても良いんじゃない?」と思わせる程度が最適なのです。

”今回は諦めるけど、スキあらば”の精神で構えるのが愛人関係をしっかりと着実に進めるコツなのです。

人妻熟女との愛人契約まとめ

人妻熟女との愛人契約まとめ

愛人関係として非常に魅力的な人妻熟女。

田中おじさんも出会い系サイトなどを通して知り合った人妻熟女と多数の愛人関係を築いていると言います。

男性側から援助するパターンも、女性に援助してもらうパターンもあり、現代の愛人関係は多種多様になっていると言います。

しかしながら、どんなパターンでも、愛人となる人妻熟女の事情やプライベートを尊重することは共通するとのこと。

人妻熟女といい関係を築くためには、大人としての配慮ある行動が最も重要なのです。

まずは愛人契約の第一歩として出会い系サイトで愛人を探す人妻熟女を探してみませんか?

きっと満足できる人妻熟女と出会えることをお約束いたします。

田中おじさんの熟女なお言葉田中おじさん
今や出会い系サイトは愛人男性を欲しがる人妻熟女で埋め尽くされている!
簡単に愛人契約はできると言っても過言ではない!
ただしそれにはいい大人としての関係を維持できるマナーと常識と配慮がいるということは忘れないでもらいたい!

熟女攻略法愛人

Posted by tanaka-ozi